写真集 大津 基『季(とき)を紡ぐ』
定価 2,800円(本体2,593円、税207円)
販売価格

2,800円(本体2,593円、税207円)

購入数

*こちらは予約商品です。発売日付近にお届けします

フォトコンテスト入賞経験多数の著者が
フィルムで描いた、繊細で心地よい風景美


「楽しみながら歩けば風の色がみえてくる」新聞で目にした辰濃和男さんの言葉にインスピレーションを受けた著者は、以来「風の色」を求めて自然風景を撮影し続けている。
数十年通う尾瀬ヶ原を足がかりに、さまざまな自然を舞台に描き挙げた、繊細なリズムが心地よい作品集。

【サイズ】
天地250ミリ×左右260ミリ、ソフトカバー、96ページ

【発売日】
2018年1月25日

大津 基(おおつ・もとい)
1943年神奈川県生まれ。中央大学卒業後、川崎市役所に勤務。´70年頃より風景写真を撮り始める。尾瀬には12年近く通い、写真展「尾瀬〜四季光彩」を開催。´10年富士フイルムフォトサロン 東京で、写真展「季節めぐり〜旬彩の詩」を開催。同年、隔月刊『風景写真』テーマ部門で年間最優秀作家賞を受賞。´03年に退職後、写団薬師(写真家前川彰一氏主宰)に入会。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける