写真集 佐藤 尚『47 サトタビ』
定価 2,949円(本体2,731円、税218円)
販売価格

2,949円(本体2,731円、税218円)

購入数

【2017年3月3日発売、ご予約受付中!】
 *発売日付近のお届けとなります


「僕は田舎に恋をした。」

 人気風景写真家が、個人的視点で捉えた

 全47都道府県の海・山・里


 佐藤尚がレンズを向けたさきにあるもの
 皆心を開き、笑顔の花咲く。
 大人も子どもも、路傍の草花も、風景さえも。
   ーーー隔月刊「風景写真」編集長・石川薫


カレンダーやパンフレット、広告のための「ライブラリー写真」として風景を撮り続けてきた佐藤尚さん。仕事で日本全国を旅するかたわら、個人的に心動かされる景色にもカメラを向けてきました。4年間、走行距離15万キロをかけ、すべての都道府県を巡る旅で出会った人々の温もりと、日常的な風景の中にあるしあわせの瞬間。何気なく流れる時間の豊かさを想い、きっとふるさとが恋しくなる写真集です。


【サイズ】
天地220ミリ×左右260ミリ、ソフトカバー、120ページ

【発売日】
2017年3月3日

佐藤 尚(さとう・たかし)
1963年福井県生まれ。東京写真専門学校卒業後、山岳写真家・風見武秀氏に師事。その後フリーとなり、日本各地の自然風景、農村風景を撮り続ける。作品を発表する傍ら、ワークショップ「里ほっと」を地元の埼玉県にある見沼田んぼで主宰している。写真集に『こころの故郷─魚沼の風景を撮る』(恒文社)。主な写真展に「こころの故郷─越後魚沼の情景」(2003年ペンタックスフォーラム)、「里の風景」(2014年富士フイルムフォトサロン 東京ほか)、「In the Heart of Japan」(2015年カナダ・モントリオール市立植物園)、「47 ぼくのより道 ガイドブックにないニッポン探訪」(2017年富士フイルムフォトサロン 東京、大阪)。日本写真家協会、日本風景写真家協会会員。埼玉県戸田市在住。http://www.satophoto.net/
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける